TOP » 【部位別】関節痛のしくみと原因

【部位別】関節痛のしくみと原因

関節痛の正しい知識をつけて適切な対応をしよう

ひどくなると日常生活にも不自由をきたす関節痛。関節痛は、じわじわと症状が悪化していく進行性の病気で、一度発症すると元の状態に戻すのは難しいと言われています。

でも、関節の痛みが起こる原因や、関節痛のしくみを知り、正しく対処すれば痛みを和らげたり、進行を遅らせたりすることは十分に可能です。関節痛は誰にでも起こり得る病気です。いざという時のために、正しい知識を得ておきましょう。

そもそも関節のしくみは?

関節はざっくりいうと、骨と骨の間のクッションの役割となる部分。一方が凸、もう一方が凹となる骨で構成され、骨と骨の間には隙間があります。
関節と関節がぶつかる場所は関節軟骨で覆われ、関節の隙間を骨液が満たして骨同士の摩擦による衝撃を吸収し、スムーズな動きを維持しています。

日常の動作やスポーツで関節軟骨がすり減る

ところが、日常生活の動作やスポーツ、加齢などで関節軟骨がすり減ってくると、骨同士がぶつかって痛みが生じるようになります。これが、40代以降に多く発症している「変形性関節症」です。

変形性関節症は、ひざ、股関節、肩、ひじなどに表れやすく、ひどくなると立つ座る、歩く、手を挙げるなどの簡単な動作も辛くなってしまいます。

高齢になればなるほど関節痛のリスクが高くなる

変形性関節症は、年齢が高くなればなるほど、男性よりも女性の患者が増える傾向にあるようです。初期段階だと湿布等を貼ったり安静にしたりすることで痛みが引きますが、治ったと勘違いしてまた関節に負担をかけ続けているうちに症状が進行してしまうので、適切に対処しましょう。

さらに腰の場合はヘルニアなど関節痛に似た症状の出やすい場所です。腰痛がひどくなると、足に力が入りづらくなりベッドから起き上がれないなんてこともあります。そんな腰痛が初期の状態なら適切に対処していけば、ひどくならずに済むかも知れません。なので、まずは原因をしっかりと理解し、どういった対処をしていけば良いのかを知りましょう。

それぞれの部位についての原因と対策を考えよう