TOP » 【部位別】関節痛のしくみと原因 » 股関節の痛みの原因とサプリメント

股関節の痛みの原因とサプリメント

痛みを引き起こす原因や、症状、どのように進行するのかなど、気になる股関節痛のメカニズムについて解説しています。

股関節痛はどんな症状があらわれるの?

股関節は、体重を支え、立つ・座る・歩く・昇り降りなどの動作を行う上で、重要な役割を担っています。股関節に痛みや炎症が生じると、日常生活に支障が出てきます。初期の段階では、突っ張る、何となく重たいなどの感覚や、スポーツの後や動作を変える際に痛みを感じることが多いようです。具体的には、症状が進むと次のような症状があらわれます。

  • 階段の昇り降りが辛い
  • 靴が履きにくい
  • 爪が切りにくい
  • 正座ができない
  • 痛くてあぐらをかけない
  • 立ちっぱなしだと痛む
  • 歩くと痛む
  • かがむと痛い

これらの自覚症状がある方は、股関節痛だと言えます。

股関節痛の原因は?

股関節痛は、股関節そのものの痛みと、周囲の筋肉の痛みに分かれます。

股関節そのものの痛みは、おもに加齢により軟骨がすり減ったり、それにともなって炎症を起こしたり水が溜まったりする病気で、男性よりも女性に多く見られます。この病気を「変形性股関節症」と呼び、生まれつきの骨盤の形が影響しているという説もあり、遺伝的要因も関係していると言われています。母親が変形性股関節症の場合は、子どもにも発症する可能性があるので、早いうちからレントゲンなどで調べて、痛みが生じる年齢などを予測しておくことをおすすめします。

一方、股関節の周囲の筋肉が痛む場合は、関節の痛みをかばったことによる筋肉の疲労が原因です。

そのほか、腰椎の椎間板ヘルニアや、変形性脊椎症などが原因で発生する座骨神経痛によるものや、極めて稀ですが、骨盤の骨にできた腫瘍や、骨盤の中の血管破裂、おなかの中に溜まった膿などが原因で股関節に痛みが生じるケースもあります。

股関節痛のメカニズム

健康な股関節は、太ももの上の丸い骨頭が骨盤のくぼみにはまって関節を作っていて、周囲の筋肉によって前後・左右・回すなどの動作をします。ところが、変形性関節症で軟骨がすり減り、骨が変形してしまうと軟骨の下の骨がむき出しになり、クッションとしての役割が果たせなくなります。

はじめのうちは、安静にすることで痛みが軽減しますが、これを繰り返している間にも、症状は非常にゆっくりですが進行してしまいます。稀に、数か月で一気に症状が悪化する人もいるようです。

股関節痛の予防・改善方法

股関節への負担の軽減

股関節は動きによって負担がかかります。立ったり座ったりするときは、何かにつかまるなどして、ゆっくりと動くことが大事です。また歩行するときも負担をかけないように、ゆっくりと、歩きましょう。

筋肉を鍛える

変形性股関節症の予防するには、ウォーキングや水中歩行をし、股関節の周辺の筋肉を鍛えましょう。決して無理をしないことが大切なのですが、できるだけ毎日行うのがよいでしょう。

体重を増やさない

股関節の負担軽減には、体重を増やさないことが大事です。食習慣を一度見直してみて、現在の体重をキープ、もしくは減らすようにしましょう。

コラーゲンサプリの摂取

股関節の痛みを予防するには、先に挙げたポイントと一緒に、軟骨の主成分であるコラーゲンを摂取することをおすすめします。

「変形性股関節症」など病気の場合には有効ではありませんが、加齢にともなう軟骨のすり減りが原因の場合にはコラーゲンが有効だといわれています。

コラーゲンは年齢とともに減少していくので、自ら摂取する必要があります。コラーゲンが多く含まれる食品は、手羽先や牛すじ、豚足、フカヒレなどが挙げられますが、これらを毎日摂取するのは大変ですよね?

そこで試していただきたいのがサプリメントから摂取すること。1日に必要なコラーゲンは5,000mg~10,000mgと言われています。サプリを選ぶ際の目安として覚えておきましょう。

また、グルコサミンやコンドロイチンを飲んできたけど、あまり効かなかったという方にもコラーゲンをおすすめします。実はグルコサミンやコンドロイチンとコラーゲンは役割が違います。

先ほども述べた通りコラーゲンは軟骨の主成分であり、いわば股関節のクッション材の役割を担っています。一方グルコサミンやコンドロイチンは軟骨の成分としては数%しか入っておりません。どちらかというと間接の動きを滑らかにする潤滑油的な役割なのです。

つまりどちらか一方を摂取すれば良いのではなく、どちらも摂取することが大事なのです。