サイトマップ

股関節の痛み

痛みを引き起こす原因や、症状、どのように進行するのかなど、気になる股関節痛のメカニズムについて解説しています。

股関節痛はどんな症状があらわれるの?

股関節は、体重を支え、立つ・座る・歩く・昇り降りなどの動作を行う上で、重要な役割を担っています。股関節に痛みや炎症が生じると、日常生活に支障が出てきます。初期の段階では、突っ張る、何となく重たいなどの感覚や、スポーツの後や動作を変える際に痛みを感じることが多いようです。具体的には、症状が進むと次のような症状が表れます。

  • 階段の昇り降りが辛い
  • 靴が履きにくい
  • 爪が切りにくい
  • 正座ができない
  • 痛くてあぐらをかけない
  • 立ちっぱなしだと痛む
  • 歩くと痛む
  • かがむと痛い

これらの自覚症状がある方は、股関節痛だと言えます。

股関節痛の原因は?

股関節痛は、股関節そのものの痛みと、周囲の筋肉の痛みに分かれます

股関節そのものの痛みは、おもに加齢により軟骨がすり減ったり、それに伴って炎症を起こしたり水が溜まったりする病気で、男性よりも女性に多く見られます。この病気を「変形性股関節症」と呼び、生まれつきの骨盤の形が影響しているという説もあり、遺伝的要因も関係していると言われています。母親が変形性股関節症の場合は、子どもにも発症する可能性があるので、早いうちからレントゲンなどで調べて、痛みが生じる年齢などを予測しておくことをお勧めします。

一方、股関節の周囲の筋肉が痛む場合は、関節の痛みをかばったことによる筋肉の疲労が原因です。

そのほか、腰椎の椎間板ヘルニアや、変形性脊椎症などが原因で発生する座骨神経痛によるものや、極めて稀ですが、骨盤の骨にできた腫瘍や、骨盤の中の血管破裂、おなかの中に溜まった膿などが原因で股関節に痛みが生じるケースもあります。

股関節痛のメカニズムと病気の進行

健康な股関節は、太ももの上の丸い骨頭が骨盤のくぼみにはまって関節を作っていて、周囲の筋肉によって前後・左右・回すなどの動作をします。ところが、変形性関節症で軟骨がすり減り、骨が変形してしまうと軟骨の下の骨がむき出しになり、クッションとしての役割が果たせなくなります。はじめのうちは、安静にすることで痛みが軽減しますが、これを繰り返している間にも、症状は非常にゆっくりですが進行してしまいます。稀に、数か月で一気に症状が悪化する人もいるようです。

>>関節の痛みに効果が期待できるサプリメントを比較チェックする<<

このサイトでは、インターネット等の情報をもとに、個人が独自にまとめたものを掲載しています。
関節の症状や対応などについては、必ず医師の診断に基づいて適切な処置を行うようにしてください。
なお掲載商品の内容や販売価格、成分などの詳細は、各サプリメントの公式サイトをご確認ください。

関節痛におすすめサプリメントBEST3

タフ

第1位

タフ
(ゼリアヘルスウェイ)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(味の素)

第2位

グルコサミン&
コンドロイチン
(味の素)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(サントリー)

第3位

グルコサミン&
コンドロイチン
(サントリー)

詳細はこちら

bottom

ページの先頭へ