サイトマップ

肘の痛み

特にスポーツや重労働の経験を持つ、50~60代の男性に発症しやすい「肘の痛み」について、原因や痛みのメカニズムなどを分かりやすくまとめました。

肘関節痛はどんな症状があらわれるの?

肘の関節痛に悩まされている人の多くは、テニス、野球、ゴルフなどの手や腕を使うスポーツをしている人。はじめは安静にすることで症状が和らいでも、スポーツを再開することで徐々に症状が進行し、「変形性肘関節症」を引き起こす可能性もあります。肘の関節痛は、症状が進むと次のような症状が表れます。

  • 口に手が届かない
  • 髪が洗えない
  • 肘を曲げる時にカクンとひっかかる感じがある
  • 肘を曲げる度に痛い
  • ひねると痛い
  • 重いものを持つと痛む


これらの自覚症状がある方は、肘関節痛だと言えます。

肘関節痛の原因は?

肘関節痛は、重労働による肘関節の使い過ぎや、野球やテニス、ゴルフなどのスポーツが原因で、50~60歳代に発生するケースが多く見られます。なかには、ケガや生まれつきの体質で発症する場合もあります。ケガの場合は衝撃により突発的に痛みを伴いますが、ほとんどの場合は、長期間かけて徐々に進行していくので、注意が必要です。長い間放っておくと、肘の変形が進み、洗髪や歯磨きなど日常生活の基本動作が困難になる恐れもあります。

肘関節痛のメカニズムと病気の進行

肘の関節は、肩から肘までの上腕骨の端と、肘から手首までの前腕骨2本の合計3本の骨が合わさってできています。その肘関節の周りにある軟骨や筋肉、腱が支えることで肘が動くという仕組みです。このスムーズな動作ができなくなるのが関節痛です。

おもに、60代の男性、スポーツや重労働を続けていた男性に多いのが変形性肘関節症です。本来、肘の軟骨が衝撃を和らげるはずの軟骨が、すり減ることで骨と骨がぶつかり、骨棘(こつきょく)というトゲができて神経に当たるため、肘を曲げる時に痛みを生じます。例えば、野球肘の場合は、ボールを投げる時に肘の関節にある骨と筋肉、腱に強い力が加わったり、腕を振りまわす動きなどによって骨同士に摩擦が起こります。その動作を繰り返すことで痛みや炎症を引き起こすのです。

症状が進行すると骨棘が折れてかけらとなり、ロッキング(ある角度で肘が固まり動かなくなる状態)を引き起こし、少しでも動かそうとすると激痛を生じるようになります。

>>関節の痛みに効果が期待できるサプリメントを比較チェックする<<

このサイトでは、インターネット等の情報をもとに、個人が独自にまとめたものを掲載しています。
関節の症状や対応などについては、必ず医師の診断に基づいて適切な処置を行うようにしてください。
なお掲載商品の内容や販売価格、成分などの詳細は、各サプリメントの公式サイトをご確認ください。

関節痛におすすめサプリメントBEST3

タフ

第1位

タフ
(ゼリアヘルスウェイ)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(味の素)

第2位

グルコサミン&
コンドロイチン
(味の素)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(サントリー)

第3位

グルコサミン&
コンドロイチン
(サントリー)

詳細はこちら

bottom

ページの先頭へ