TOP » 【部位別】関節痛のしくみと原因 » 肘の痛みの原因とサプリメント

肘の痛みの原因とサプリメント

特にスポーツや重労働の経験を持つ、50~60代の男性に発症しやすい「肘の痛み」について、原因や痛みのメカニズムなどを分かりやすくまとめました。

肘関節痛はどんな症状があらわれるの?

肘の関節痛に悩まされている人の多くは、テニス、野球、ゴルフなどの手や腕を使うスポーツをしている人。はじめは安静にすることで症状が和らいでも、スポーツを再開することで徐々に症状が進行し、「変形性肘関節症」を引き起こす可能性もあります。肘の関節痛は、症状が進むと次のような症状があらわれます。

  • 口に手が届かない
  • 髪が洗えない
  • 肘を曲げる時にカクンとひっかかる感じがある
  • 肘を曲げる度に痛い
  • ひねると痛い
  • 重いものを持つと痛む

これらの自覚症状がある方は、肘関節痛だと言えます。

肘関節痛の原因は?

肘関節痛は、重労働による肘関節の使い過ぎや、野球やテニス、ゴルフなどのスポーツが原因で、50~60歳代に発生するケースが多く見られます。

なかには、ケガや生まれつきの体質で発症する場合もあります。ケガの場合は衝撃により突発的に痛みを伴いますが、ほとんどの場合は、長期間かけて徐々に進行していくので、注意が必要です。

長い間放っておくと、肘の変形が進み、洗髪や歯磨きなど日常生活の基本動作が困難になる恐れもあります。

肘関節痛のメカニズムと病気の進行

肘の関節は、肩から肘までの上腕骨の端と、肘から手首までの前腕骨2本の合計3本の骨が合わさってできています。その肘関節の周りにある軟骨や筋肉、腱が支えることで肘が動くという仕組みです。このスムーズな動作ができなくなるのが関節痛です。

おもに、60代の男性、スポーツや重労働を続けていた男性に多いのが変形性肘関節症です。

本来、肘の軟骨が衝撃を和らげてくれるのですが、すり減ることで骨と骨がぶつかり、骨棘(こつきょく)というトゲができて神経に当たるため、肘を曲げる時に痛みを生じます。

例えば、野球肘の場合は、ボールを投げる時に肘の関節にある骨と筋肉、腱に強い力が加わったり、腕を振りまわす動きなどによって骨同士に摩擦が起こります。その動作を繰り返すことで痛みや炎症を引き起こすのです。

症状が進行すると骨棘が折れてかけらとなり、ロッキング(ある角度で肘が固まり動かなくなる状態)を引き起こし、少しでも動かそうとすると激痛を生じるようになります。

肘関節痛の予防・改善方法

日常生活や仕事で無理をしないこと

仕事や家事などで肘を動かさなければならない方が多いと思います。しかし関節痛をできるだけ早く改善するには、使い過ぎないことが一番大切なのです。痛みをこらえたまま、無理をして作業等を続けると、悪化してしまう可能性もあります。

フライパンを持ったり、洗濯物を干したりなど、なるべく肘に負担をかけないように工夫してみましょう。

また、パソコン作業やスマホ操作は長時間同じ姿勢になってしまいがちです。実はこれは思った以上に肘に負担がかかるので注意が必要。作業の合間に姿勢を変えたり、ストレッチをするなど心掛けましょう。

コラーゲンサプリの活用

日常生活から起きる肘関節の痛みには、コラーゲンを摂取してみるのもよいでしょう。コラーゲンは関節にある軟骨の主成分ですので、軟骨の再生を手助けしてくれるのです。

ただし自己判断でコラーゲンを摂取するのはやめましょう。肘関節が痛むなと感じたらまず病院で受診してください。その診断の結果、加齢による軟骨のすり減りが原因だといわれたら、コラーゲンを摂取するとよいでしょう。ケガや病気による関節痛にコラーゲンは有効ではないので気を付けましょう。

コラーゲンは牛すじや魚のあらなどに多く含まれていますが、実はこれらは脂肪と相性が良いため、高カロリーになりがちです。またコラーゲンは1日5,000mg~10,000mgの摂取が必要だと言われています。これを食事でとるのは一苦労です。

そこでおすすめなのがサプリメント。サプリメントなら、カロリーもほとんど気にすることなく理想的な量を摂取することができるのです。おすすめのサプリメントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。