TOP » 【部位別】関節痛のしくみと原因 » 膝の痛みの原因とサプリメント

膝の痛みの原因とサプリメント

気になる「膝関節痛」の症状や原因、発症から進行についての過程まで、膝の痛みのメカニズムをわかりやすく解説しています。

膝関節痛はどんな症状があらわれるの?

関節痛のなかでも、最も多い疾患と言われる膝の関節痛。特に、女性に起こることが多く、その大半がO脚状の変形をともない、症状が進むにつれて内側の関節面の軟骨がすり減っていきます。

初期の段階では軽い痛みやこわばり程度ですが、症状が進むと次のような症状があらわれるようになります。

  • 関節が腫れて痛む
  • 膝の裏がつっぱって痛い
  • 痛くて階段の上り下りが辛い
  • 正座ができない
  • 立ったり座ったりの動作がしんどい
  • 立ち上がりや歩きはじめに痛む
  • 膝を曲げると痛む
  • ひねるとズキンと痛む

これらの自覚症状がある方は、膝の関節痛だと言えます。

膝関節痛の原因は

膝の関節痛は、膝への負担が大きいことが原因です。膝の関節は、太ももと骨を結ぶ関節で、体重がかかるため最も大きな関節となっています。

場合によっては、体重の3~4倍の負荷がかかることも…。体重が50kgの人なら、150~200kgもの負担が膝にかかっていることになります。

膝が痛いという場合のほとんどが、日常生活のちょっとした動作の積み重ねによって起こると言われる「変形性膝関節症」という病気。加齢による筋肉の衰えや、肥満も膝の痛みを進ませる要因ともなります。

ほかにも、病気によって関節の組織が炎症を起こし、関節が変形して痛みが起こる「関節リウマチ」が原因となっている例もあります。

膝関節痛のメカニズムと病気の進行

変形性膝関節症は、膝関節の軟骨がすり減り、徐々に変形していく病気です。原因は様々な説があり、ストレスが原因だという説、老化によるホルモンや代謝の異常が原因という説が挙げられています。

初期の変形性膝関節症は、軟骨の磨耗が生じますが、自覚症状はほとんどありません。症状が進むと、軟骨や半月板が磨耗し、やがて消失して大腿骨(太ももから膝の骨)と脛骨(膝から足首の骨)が直接ぶつかりあい、水が溜まったり炎症を起こしたりします。

進行期になると、軟骨の磨耗がさらに進み、軟骨が露出したり骨そのものの変形が生じるようになります。この状態まで進むと、膝を動かす度に強い痛みを感じ、曲げ伸ばしもままならないなど日常生活の大きな支障となります。

膝関節痛対策にはサプリメントという手段も

膝関節痛の方にぜひ紹介したいのが、コラーゲンサプリ。関節痛サプリとして有名なのがグルコサミンやコンドロイチンですが、実はコラーゲンも有効だといわれています。

そもそもコラーゲンとグルコサミン・コンドロイチンでは役割が違います。コラーゲンは膝関節の軟骨の主成分です。いわばクッションのようなものと考えてください。一方グルコサミンやコンドロイチンは関節の動きをスムーズにする潤滑油的な役割を担っているのです。

今まで関節痛対策にグルコサミンやコンドロイチンのサプリを飲んだけど、あまり効果を感じられなかった方は、コラーゲンサプリを摂ってみるのもいいかも知れませんね。

ただし、コラーゲンサプリはケガの場合や、変形性膝関節症、関節リウマチなどの病気が原因の膝関節痛の場合には有効ではありません。まずは病院に行って診断してみると良いでしょう。