TOP » 【部位別】関節痛のしくみと原因 » 肩の痛みの原因とサプリメント

肩の痛みの原因とサプリメント

四十肩・五十肩などの痛みや、スポーツによる肩の痛みなど、「肩関節痛」の痛みを分かりやすく解説。原因や症状、メカニズムをまとめました。

肩関節痛はどんな症状があらわれるの?

人の体の関節のなかで、最も大きく動くのが肩の関節です。腕を伸ばしてゆっくり回してみると、ほとんど全ての方向に動かせるのが分かるはずです。でも、肩に痛みが生じるようになると、上にある物が取れなくなったり、服の脱ぎ着が辛くなったり、日常生活が不自由になります。肩が痛み出すと次のような症状が生じるようになります。

  • 動かす角度によって痛みが生じる
  • 寝返りが辛い
  • 腕が上がらず、後ろに回らない
  • 服の脱ぎ着をする時に痛む
  • 首から肩にかけて痛い

これらの自覚症状がある方は、症状が悪化しないよう、適切に対処しましょう。

肩の痛みの原因は?

パソコン作業が多い人、デスクワークで長時間同じ姿勢でいることが、肩の痛みを引き起こす原因となります。

長い間、同じ姿勢でいると肩の疲れ、関節の障害、炎症などが起こり、痛みやしびれが生じやすくなるためです。また、加齢によって肩周辺の筋肉や組織に炎症が起こることで腱板が痛み、変形することも大きな要因と考えられています。

特に、肩の筋肉量が少ないと言われるなで肩の人や、いつも背中が丸まった猫背の人、血の巡りが悪い冷え症の人は肩の痛みに悩まされやすいので気を付けましょう。

特に多い、四十肩や五十肩は筋肉の低下や関節の炎症が大きな原因となります。軽いものであれば、1年程度もすると痛みがすっかり治ってしまうでしょう。そのため、あまり深く考えずに症状を放置してしまう人もいるのですが、四十肩や五十肩で怖いのは「腱板断裂」です。炎症を起こしているだけなら、肩関節周囲炎です。しかし、すでに腱板断裂しているとなると、筋肉が切れている状態で大きな手術が必要になることも。

さらに心配なのは、肩の痛みが体からのSOSである場合です。心筋梗塞や肺がんも肩に痛みを感じる原因になるといわれています。肩の痛みを軽く考えてしまいがちですが、痛みを感じた場合は原因を突き止めるためにも、診察を受けるようにしましょう。

どのあたりがどのように痛むか、どれぐらいの痛みかという点を的確に伝えることができると、医師も何が原因となって発生している肩の痛みなのかを診断しやすくなります。

肩の痛みのメカニズムと病気の進行

肩の痛みとひと口に行っても症状はさまざま。いわゆる四十肩・五十肩と言われる炎症や、肩こりなど痛みの原因・メカニズムはそれぞれ異なります。

肩関節は、上腕骨と肩甲骨で構成されているボールとラケットのような形状の関節です。ボールの部分は、上腕骨の丸い骨頭が関節窩と呼ばれる肩甲骨のくぼみにはまりこむような形になっています。この、連結が肩の柔軟な動きをサポートしているのですが、反面、関節が不安定なので、負荷をかけると外れるなどの障害が起こりやすい部位でもあります。

また、年をとるにつれ肩の骨や周辺の組織も強度が少しずつ低下し、肩の柔軟性がなくなり血行も悪くなります。この状態が中高年を悩ませる四十肩・五十肩なのです。

ほかにも、肩の痛みの原因は、スポーツによる負荷、腱板に石灰分がたまるもの、頸椎の変形、狭心症、心筋梗塞の前ぶれという例もあります。肩の痛みを軽視せず、予防法や対処法を知っておきましょう。

特に、年齢を重ねてから肩の痛みを感じることが多くなるため、肩関節周囲炎=四十肩・五十肩と考えられることが多いでしょう。四十肩・五十肩に関しての定義をご紹介します。

臨床上,肩関節痛を主症状に来院する患者は多く,40~50歳代の人が肩関節の可動域制限を伴っている場合には,一般的に四十肩や五十肩と呼ばれている.正式な診断名は肩関節周囲炎であるが,これらは混同されている傾向にある.

出典: 実践講座 リハビリテーションに役立つ整形外科的診察法 1 | 肩関節周囲炎

とのことです。年齢を感じてからの肩の痛みは四十肩・五十肩というように、医師も患者に対してわかりやすく説明するために使うことがある言葉ですが、決して肩関節周囲炎がすべて四十肩・五十肩というわけではありません。

重大な病気の前触れである可能性も考え、肩関節周囲炎の原因をしっかりと突き止めるための診察を受けましょう。

辛い肩の痛みにはサプリメントという手も

体のなかで最も大きく動く肩の関節は、加齢とともに肩の骨や周辺の組織の強度が少しずつ低下することで、肩の痛みが出てきます。その関節を構成するのは軟骨です。

なので、軟骨の状態を改善させることで、肩の関節の痛みも和らげることができます。そこでおすすめなのはコラーゲンを摂取することです。

軟骨の主成分はコラーゲンなので、コラーゲンを摂取すれば軟骨の形成をサポートしてくれるのに期待ができます。コラーゲンはサプリメントなどで摂りましょう。

サプリメントの摂取といってもコラーゲンの効果がどのように期待できるのかを知らないことには、始めてみようかなという気持ちにもなりづらいですよね。コラーゲンが関節痛に効くメカニズムについてご紹介します。

まずコラーゲンは、ヒアルロン酸やコンドロイチンを作る細胞に働きかけて、これらの合成を促進します。そしてプロテオグリカンを増やし、軟骨細胞が変形するのを抑制、また炎症の原因物質を減らすといった効果も期待できます。

コラーゲンの生成は本来、体内で行われるものです。しかし、年齢とともにコラーゲンの量は減っていくことがわかっています。生成がうまくできなくなると、軟骨の中に含まれるコラーゲンの代謝が悪くなって、本来ならやわらかい軟骨組織が固くなってしまいます。その結果、肩の痛みとなって症状が現れることになるでしょう。そんな状態になる前にコラーゲンを補ってあげれば、軟骨組織は柔軟性を保ったまま、関節の痛みも未然に防ぐことができます。

では、実際に痛みが出てからコラーゲンを摂取しても仕方がないのかというと、そういうわけではありません。軟骨がすり減ってぶつかり合い、すでに痛みが発生している場合でも、軟骨を修復する効果がコラーゲンには期待できます。軟骨組織の修復がされていくと、次第に感じていた痛みも緩和するでしょう。

実際にドイツやフランスの病院では、関節痛の治療薬としてコラーゲンを用いているのだとか。コラーゲンが関節痛の予防や緩和に役立つ、ということは世界的に知られています。