サイトマップ

肩の痛み

四十肩・五十肩などの痛みや、スポーツによる肩の痛みなど、「肩関節痛」の痛みを分かりやすく解説。原因や症状、メカニズムをまとめました。

肩関節痛はどんな症状があらわれるの?

人の体の関節のなかで、もっとも大きく動くのが肩の関節です。腕を伸ばしてゆっくり回してみると、ほとんど全ての方向に動かせるのが分かるはずです。でも、肩に痛みが生じるようになると、上にある物が取れなくなったり、服の脱ぎ着が辛くなったり、日常生活が不自由になります。肩が痛み出すと次のような症状が生じるようになります。

  • 動かす角度によって痛みが生じる
  • 寝返りが辛い
  • 腕が上がらず、後ろに回らない
  • 服の脱ぎ着をする時に痛む
  • 首から方にかけて痛い


これらの自覚症状がある方は、症状が悪化しないよう、適切に対処しましょう。

肩の痛みの原因は?

パソコン作業が多い人、デスクワークで長時間同じ姿勢でいることが、肩の痛みを引き起こす原因となります

長い間、同じ姿勢でいると肩の疲れ、関節の障害、炎症などが起こり、痛みやしびれが生じやすくなるためです。また、加齢によって肩周辺の筋肉や組織に炎症が起こることで腱板が痛み、変形することも大きな要因と考えられています。

特に、肩の筋肉量が少ないと言われるなで肩の人や、いつも背中が丸まった猫背の人、血の巡りが悪い冷え症の人は肩の痛みに悩まされやすいので気を付けましょう。

肩の痛みのメカニズムと病気の進行

肩の痛みとひと口に行っても症状はさまざま。いわゆる四十肩・五十肩と言われる炎症や、肩こりなど痛みの原因・メカニズムはそれぞれ異なります。

肩関節は、上腕骨と肩甲骨で構成されているボールとラケットのような形状の関節です。ボールの部分は、上腕骨の丸い骨頭が関節窩と呼ばれる肩甲骨のくぼみにはまりこむような形になっています。この、連結が肩の柔軟な動きをサポートしているのですが、反面、関節が不安定なので、負荷をかけると外れるなどの障害が起こりやすい部位でもあります。

また、年をとるにつれ肩の骨や周辺の組織も強度が少しずつ低下し、肩の柔軟性がなくなり血行も悪くなります。この状態が中高年を悩ませる四十肩・五十肩なのです。

ほかにも、肩の痛みの原因は、スポーツによる負荷、腱板に石灰分がたまるもの、頸椎の変形、狭心症、心筋梗塞の前ぶれという例もあります。肩の痛みを軽視せず、予防法や対処法を知っておきましょう。

>>関節の痛みに効果が期待できるサプリメントを比較チェックする<<

このサイトでは、インターネット等の情報をもとに、個人が独自にまとめたものを掲載しています。
関節の症状や対応などについては、必ず医師の診断に基づいて適切な処置を行うようにしてください。
なお掲載商品の内容や販売価格、成分などの詳細は、各サプリメントの公式サイトをご確認ください。

関節痛におすすめサプリメントBEST3

タフ

第1位

タフ
(ゼリアヘルスウェイ)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(味の素)

第2位

グルコサミン&
コンドロイチン
(味の素)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(サントリー)

第3位

グルコサミン&
コンドロイチン
(サントリー)

詳細はこちら

bottom

ページの先頭へ