サイトマップ

お年寄りがなる病気である

40歳代から増える膝の痛みや関節痛の特徴、注意したいポイントについてまとめました。

中高年の5人に1人が膝関節痛!?

階段や段差のある所では、足が上がらず辛そうにしているお年寄りをよく見かけますよね。

「将来、同じように膝が痛くなったら嫌だわ…」と、まるで関節痛はお年寄りがなるものだと思い込んでいる人がほとんどだと思いますが、関節痛は若い世代の人にも増えていると言います。一説では、中高年の5人に1人が膝に痛みを抱えているというデータもあるそう。

関節痛は、老化によって起きるわけではなく、生活の中で膝に負担をかけることの繰り返しによって起こってしまいます。

中高年が抱える「変形性膝関節痛とは?」

若い世代の人がなる関節痛の多くは「変形性膝関節痛」と呼ばれるもの。

骨と骨が重なり合った所には、動く時に衝撃を吸収するクッションの役割を果たす「関節軟骨」という骨がありますが、この軟骨がすり減ることで間接に炎症が起こり、痛みが生じる病気です。軟骨そのものに神経はないので痛みを感じません。その軟骨が支えている骨に痛みが生じている状態です。

変形性膝関節痛は、50歳以上の中高年に多く、特に女性がなりやすいと言われています。慢性関節リウマチとともに気を付けたい膝トラブルです。

骨への衝撃が受け止めきれずに痛みが生じている状態なので、膝に負担のかかる仕事やスポーツをしている人、肥満で体重が支えきれない人などがなりやすいとも言われています。また、普段、固いアスファルトの上を歩くことも膝には良くありません。アスファルトの上を移動する時に膝にかかる衝撃は体重の3倍、ランニング時には5倍もの衝撃がかかると言われています。ヒールを履いている場合は、さらに膝への負担が高くなります。

健康や美容のためにウォーキングやランニングを行うのはとても良いことですが、アスファルトの上を走る時は30分ごとに休憩を挟み、膝のストレッチを行うなどして膝の負担を和らげてあげましょう。また、足に合わない靴を履き続けると土踏まずがなくなり、膝への負担も高くなってしまうので注意しましょう。

足が痛み出したらどうすれば良い?

急に痛み出した時は、関節の周りが炎症を起こしている可能性があります。膝を冷やして炎症を鎮めてあげましょう。疲労などが原因で鈍い痛みが続く場合は、無理に動かすと症状が悪化するので、ひとまず安静にして痛みが引くのを待ちます。

痛みが長続きする場合は、整形外科等を受診するようにしてください。また、立ちあがりや歩きはじめなどに膝の痛みや違和感を感じる人も、医師によるメディカルチェックを受けることをおすすめします。

関節痛は、放っておくと日常生活に支障をきたしかねません。おかしいなと思ったら、無理せず早めの受診を心掛けましょう。

このサイトでは、インターネット等の情報をもとに、個人が独自にまとめたものを掲載しています。
関節の症状や対応などについては、必ず医師の診断に基づいて適切な処置を行うようにしてください。
なお掲載商品の内容や販売価格、成分などの詳細は、各サプリメントの公式サイトをご確認ください。

関節痛におすすめサプリメントBEST3

タフ

第1位

タフ
(ゼリアヘルスウェイ)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(味の素)

第2位

グルコサミン&
コンドロイチン
(味の素)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(サントリー)

第3位

グルコサミン&
コンドロイチン
(サントリー)

詳細はこちら

bottom

ページの先頭へ