サイトマップ

痛みが治まれば問題ない

「痛みが取れれば安心」は大間違い!膝関節痛は安易に治ったと判断するのは危険。症状の進行をとどめるために気を付けたいポイントをまとめました。

膝の痛み「治った」つもりで大丈夫?

膝の痛みは、自己判断で対処してしまう人が少なくありません。痛みがあっても病院に行かず自己流で対処してしまったり、痛みがなくなったからと言って通院をやめてしまったり。勝手な判断を続けているうちに悪化するケースは多いのだそう。膝の痛みがおさまると、病気そのものが治ったように一優してしまいがちですが、安心するのは時期尚早なのです。

膝関節痛は進行性の病気

膝の痛みが恐い理由は、膝の痛みがおさまったからといっても、実際には膝の病気が治っているわけではないということです

通常、中高年の人がなる膝関節痛は、一時的な痛みや違和感がある「変形性膝関節症」という関節痛で、膝の軟骨がすり減り、痛みや炎症、関節の変形を伴いながら徐々に進行する慢性的な病気です。残念ながら、すり減った軟骨は元には戻らないため、膝に負担をかける生活を続けているとさらに軟骨がすり減り、痛みが再発する可能性があります。

また、放っておくと水がたまって膝が張れる、膝の動きが悪くなり階段の上り下りが辛くなる、立ったり座ったりの動作がしにくくなるなどのトラブルも生じてきます。そうすると、だんだん動くこと自体が辛くなるため歩く機会も減ってしまい、骨を支える筋力も衰えてゆき、関節痛の症状がより進んでしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

さらに、痛みや変形がひどくなると、人工膝関節を埋め込む手術が必要となる可能性もあります。「たかが関節の痛み」と決して甘く見てはいえない病気なのです。

膝の負担を減らすために心掛けたいポイント

膝関節痛の進行を防ぐためには、膝に負担のかかる行動を控える、肥満の人は減量する、膝の周囲を運動療法で鍛えるなどの対策が大切です。早期に適切な対処を行えば炎症を食い止めることができるので、痛みがひどい場合は医療機関に相談しましょう。

痛みが取れても油断は禁物。安易な判断で、以前と同じような生活習慣を続けてしまうと、痛みが再発する恐れがあります。しばらくは適切な対処を続けて、膝をいたわってあげましょう。

このサイトでは、インターネット等の情報をもとに、個人が独自にまとめたものを掲載しています。
関節の症状や対応などについては、必ず医師の診断に基づいて適切な処置を行うようにしてください。
なお掲載商品の内容や販売価格、成分などの詳細は、各サプリメントの公式サイトをご確認ください。

関節痛におすすめサプリメントBEST3

タフ

第1位

タフ
(ゼリアヘルスウェイ)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(味の素)

第2位

グルコサミン&
コンドロイチン
(味の素)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(サントリー)

第3位

グルコサミン&
コンドロイチン
(サントリー)

詳細はこちら

bottom

ページの先頭へ