サイトマップ

放っておけば自然に治る

痛みや違和感が続く場合は、実は病気が隠れている恐れも!放っておくと恐い関節痛の特徴と、クリニックを受診するタイミングなどをまとめました。

一時的な病気というのは大きな誤解!

関節痛を一時的な病気だと思っている人は意外と多く、「ちょっと違和感があるけど、そのうち治るだろう」と楽観視しているうちに、痛みがひどくなってしまうケースは多いようです。スポーツで膝を使った、山登りをしたなど、痛みの原因がある程度わかっている場合や、軽い痛みの場合は2~3日様子を見ても構いませんが、痛みの原因がはっきりしない場合は、「変形性膝関節症」などの病気かもしれません。

膝の変形は、はじめはこわばりや痛みがあっても症状が長続きするわけではありません。また、湿布などを使えば痛みが軽くなるので「そのうち治る」と放っておく人も多いのですが、やがて以前にはなかった動かしにくさを感じたり、痛みが強くなったりといった自覚症状が出てくる可能性もあります。

変形性膝関節症は、長い年月をかけて徐々に膝の関節の軟骨がすり減る病気で、一度削られた軟骨は元の状態に戻すことは不可能と言われています。たとえ安静にしていても治ることはなく、軟骨が再生するわけではありません。しかも、じっとしている期間が続くと、膝関節を支える大腿四頭筋などの筋肉がこわばり症状は悪化してしまうのです。

クリニックを受診する目安は?

関節痛は、初期のうちに進行をおさえるのが重要なポイントです。膝に不安を感じたら、一度整形外科を受診しましょう。早めに診察を受けて、自宅でできる運動療法や日常生活の注意点など、適切なアドバイスをもらうことが何よりも大切です。

目安としては、3日以上症状が改善しない場合や、一度引いた痛みが再発した場合立ちあがりや歩きはじめに一時的な痛みを感じる場合などは、医師の診察を受けるようにしましょう。膝の違和感が繰り返すようだったり、安静にしても改善しなかったりするようであれば、メディカルチェックを受けた方が良いでしょう。

関節痛でクリニックを受診する際のポイント

関節痛は、骨や関節、神経などの治療を専門に扱う整形外科を受診するのが一般的です。関節痛の治療は長期間治療を続ける場合が多いので、自宅や職場に近く通いやすい場所にあると安心です。また、自分自身が信頼できる医師か、話をきちんときいてくれるか、高度な治療が必要となった場合に適切な医療機関を紹介してもらえるか、なども大切な判断材料です。

また、関節痛は日常生活の過ごし方も進行を防ぐ上での重要な鍵となりますから、日常を送る上での注意点など、具体的なアドバイスがもらうことも大切です。医師任せにせず、自分も体の状態を把握し、治す意志を持つようにしましょう。

このサイトでは、インターネット等の情報をもとに、個人が独自にまとめたものを掲載しています。
関節の症状や対応などについては、必ず医師の診断に基づいて適切な処置を行うようにしてください。
なお掲載商品の内容や販売価格、成分などの詳細は、各サプリメントの公式サイトをご確認ください。

関節痛におすすめサプリメントBEST3

タフ

第1位

タフ
(ゼリアヘルスウェイ)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(味の素)

第2位

グルコサミン&
コンドロイチン
(味の素)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(サントリー)

第3位

グルコサミン&
コンドロイチン
(サントリー)

詳細はこちら

bottom

ページの先頭へ