TOP » メーカーがあまり教えたくない関節痛とサプリメントのQ&A » 関節痛にサプリメントは効果があるの?

関節痛にサプリメントは効果があるの?

本当に効果があるの?効果が得られないケースは?など、気になる関節痛サプリメントの効果をまとめました。

関節痛対策サプリメントの効果について疑問を解決

関節痛のサプリメントは、多くのメーカーが参入しており、相当な種類の製品が市場に出回っています。関節痛という病気の性質上、「飲んですぐに膝の痛みが無くなる」といった即効性を期待するのは難しいとはいえ、サプリメントを飲み続けていれば症状が和らぐのか気になりますよね。

そこで、サプリメントを飲むことでどのような効果が期待できるのかをまとめてみました。

Q.サプリメントでどんな効果が期待できるの?

A.まだ症状が軽い、初期・中期の変形性関節症には一定の効果が認められています。なかには、国内外の学会の研究により医学的な効果が明らかになっている成分もあります。

サプリメントを服用する際は、このような裏づけがある成分を含む製品を選ぶと、より高い効果が期待できると言えます。

Q.サプリメントで期待できない効果は?

A.関節の変形が進んだ重度の関節症や、長期に渡って痛みが続いている慢性痛には効果が薄いと言われています。また、サプリメントは、薬に比べると効果があらわれるまでに時間がかかる傾向があります。

Q.サプリメントを飲む上での注意点は?

A.成分や原料によってはアレルギーを起こす恐れがあります。また、ほかの薬やサプリメントとの飲み合わせで副作用が生じる可能性もあるため、アレルギーを持っている人や病院で処方された薬を飲んでいる人は、サプリメントを使用する前に医師や薬剤師に相談してください。

サプリメントは、食品や栄養剤であり薬ではありません。あくまで食品扱いなので、副作用の検査や報告の義務はなく、摂取は自己責任となります。成分、販売元、問い合わせ先などの情報をしっかり確認し、用量・用法を守って摂取しましょう。

Q.サプリメントの活用法は?

A.サプリメントはあくまで食品なので、薬と同じような効果は期待できません。しかし、予防や症状の進行を遅らせるという目的であれば、十分有効です。サプリメントは、毎日摂取するものなので安全性の高い製品を選ぶようにしましょう。天然成分から抽出した成分や、製法がきちんと明らかになっているサプリメントを選ぶのがおすすめです。