サイトマップ

コンドロイチン

「コンドロイチン」の関節痛に対する働きや効能を分かりやすく解説。効率良く摂取するための、サプリメント選びのポイントも紹介しています。

>>関節痛への効果が期待されるサプリメント比較ランキングはこちら<<

コンドロイチンの役割とは?

骨や軟骨をつくる上で、大変重要な働きをしているコンドロイチン。コンドロイチンとは、軟骨や皮膚、骨、コラーゲンなど、あらゆる細胞の構成成分であり、数えきれないたくさんの細胞を繋ぎ合わせる役目も果たしています。

その働きは、いわば生命維持に必要な「物流管理センター」と言えます。特に、関節軟骨に多く含まれているのが特徴で、人間の軟骨の約30%がコンドロイチンと言われています。関節軟骨は、骨の先端を覆うゲル状の組織で厚さは4~6mmくらい。骨よりも柔らかく、ヒアルロン酸を主成分とした滑液を含んでいます。この関節軟骨と滑液のおかげで、骨と骨の摩擦を防ぎ、スムーズな動きが出来ているのです。

この、関節軟骨を守るのがコンドロイチン。血管のない関節軟骨に栄養分を補給し、関節軟骨を分解する酵素を抑制するなど、新しい関節軟骨の生成に大きく貢献します。したがって、日々の生活でコンドロイチンを摂取することが関節軟骨を守ることに繋がり、正常な骨を維持できるのです。

コンドロイチンのココがすごい!軟骨に効く理由

コンドロイチンは最新の治療にも使われています。変形性膝関節症の治療は、これまで保存療法、薬物療法、手術療法の3つの治療が主体でしたが、およそ根本的な治療とはいえない対症療法でした。

そんな中、注目されているのがコンドロイチンを使った治療法です。国際学会でも治療効果が報告されており、ヨーロッパではすでに多くのクリニックで実践し、アメリカでも栄養補助剤として、リウマチの専門医をはじめとする多くの医師がコンドロイチンを採用しているのだそう。コンドロイチンは、世界的にも認められている成分なのです。

コンドロイチンを摂取するには

コンドロイチンは、体内で生成される成分ですが、年齢とともに生産量が減少し、40歳を過ぎると不足しやすくなります。そのため、食品やサプリメントなどからの摂取が望まれます。コンドロイチンは、鶏皮、牛・豚・鶏の軟骨、なまこ、ウナギ、ハモ、オクラ、納豆、山芋などのヌルヌル、コリコリした食品に多く含まれています。納豆やオクラなどは普段の食生活に是非取り入れたいところですが、うなぎやハモなどの動物性の食材は高価なものが多く、毎日摂るには現実的ではないでしょう。

また、これらの食品から十分なコンドロイチンを摂取しようとするとカロリーオーバーとなり、生活習慣病などの別の病気のリスクを高めてしまいます。食品からの摂取とともに、サプリメントを上手に活用するのが良いでしょう。

コンドロイチンの摂取目安量とサプリメントの選び方

サプリメントの摂取目安量は、1000~1500mgくらいと言われています。すでに、痛みや炎症が慢性化している方は医師による治療が必要ですが、治療とともにコンドロイチンのサプリメントを併用することで、より早い症状の緩和が期待できます。 コンドロイチンのサプリメントを選ぶ際には、含有量だけでなく純度の高さも重要なポイントとなります

成分量を見た時に「豚軟骨エキス」や「鮫軟骨エキス」と書かれているものは、分量を抽出する母体を含めた量となるので、純粋なコンドロイチンの量ではありません。純粋なコンドロイチンの場合は「コンドロイチン硫酸」と書かれているので覚えておきましょう。

また、コンドロイチンのサプリには、比較的入手しやすい鮫軟骨由来の物が多いのですが、実は豚軟骨由来の方がコンドロイチンの補給には有効なので、併せて覚えておくと良いでしょう。さらにコンドロイチンをはじめ、ある程度のサポート成分が含まれていると、より高い効果が期待できます。

このサイトでは、インターネット等の情報をもとに、個人が独自にまとめたものを掲載しています。
関節の症状や対応などについては、必ず医師の診断に基づいて適切な処置を行うようにしてください。
なお掲載商品の内容や販売価格、成分などの詳細は、各サプリメントの公式サイトをご確認ください。

関節痛におすすめサプリメントBEST3

タフ

第1位

タフ
(ゼリアヘルスウェイ)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(味の素)

第2位

グルコサミン&
コンドロイチン
(味の素)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(サントリー)

第3位

グルコサミン&
コンドロイチン
(サントリー)

詳細はこちら

bottom

ページの先頭へ