TOP » 関節痛に効くとされるサプリメントの主な成分 » コラーゲン

コラーゲン

気になる「コラーゲン」の働きや効能について解説。効率良く摂取できるサプリメント選びのポイントも紹介しています。

コラーゲンの役割とは?

コラーゲンはタンパク質の一種で、皮膚、骨、軟骨、腱、靭帯など、体のあらゆるところに存在しており、40%は皮膚に、20%は骨や軟骨にあると言われています。コラーゲンは、色々なタイプがあり、皮膚や腱にある主要なコラーゲンはⅠ型、軟骨にある主要なコラーゲンはⅡ型と呼ばれています。

コラーゲンと言えば、シワやシミに効く美肌成分として有名ですが、関節のなめらかな動きをサポートする働きも注目されています。年をとるにつれてコラーゲンの量は減少するため、コラーゲンが不足すると関節痛が起きやすくなるとも言われています。

コラーゲンのココがすごい!関節に効く理由

膝や腰をはじめとする関節痛の原因は、おもに軟骨にあります。軟骨の本体はコラーゲンからできていて、関節にかかる負荷をクッションのように吸収してくれますが、加齢とともに軟骨がすり減ってしまうと、骨同士がぶつかりあって痛みを感じるようになります。

健康な骨を保つためには、コラーゲンを補給し続けることが有効とされています。

コラーゲンの摂取目安量とサプリメントの選び方

コラーゲンは、人によってはアレルギー反応を起こす恐れがあることや、妊娠中・授乳中にコラーゲンを含むサプリメントを摂取する場合の安全性が確保されていません。コラーゲンは、牛や豚などの動物性コラーゲンと、魚が原料となる海洋性コラーゲン、植物由来の植物性コラーゲンなどがあります。これらのアレルギーを持っている人や、妊娠中・授乳中の方は過剰摂取を避けるようにしましょう。

一日に必要なコラーゲンの摂取量は、一般的に5,000mg程度と言われています。バランスの摂れた食事を3食摂れば一日で3,000~4,000mgのコラーゲンが摂取できますが、食事に含まれるコラーゲンは分子量がかなり大きく、吸収されにくいのが難点です。コラーゲンを摂るなら、サプリメントやドリンクも活用して上手に補いましょう。