サイトマップ

MSM

注目の健康成分「MSM」の働きや効能を、分かりやすく解説。関節やリウマチなどの症状緩和を目的としたサプリメント摂取量や、服用時の注意点も紹介しています。

>>関節痛への効果が期待されるサプリメント比較ランキングはこちら<<

MSMの役割とは?

MSM(メチルサルフォニルメタン)は、おもに北米の針葉樹に含まれるイオウ化合物を生成した成分。私たちの体内に存在するミネラルのうち3番目に多い成分で、関節をはじめ、筋肉、髪、皮膚などの健康を保つ上で重要な役割を担っています。

そのほか、動物の副腎、母乳、尿にも含まれ、システインやメチオニンといった、アミノ酸の構成要素であるイオウの供給源としての働きも持っており、軟骨、骨、腱をつくる上では欠かせません。またMSMは、痛みや炎症を鎮める効果があり、関節痛やリウマチなどの関節の痛みの緩和が期待できます

MSMのココがすごい!関節に効く理由

MSMは、オレゴンヘルス大学医学部の外科医ジェイコブ博士という人の研究により注目を集めている成分です。20年以上前から臨床で成果を上げていますが、その作用の仕組みは残念ながら立証されていません。

しかし、変形性膝関節症患者50名を対象とした治験で、MSMを1日3g×2回、12週間にわたって経口摂取したところ、痛みが改善されたという報告もあります。MSMは痛みの伝達を遮断する作用もあるのではないかと言われており、抗炎症、鎮痛作用では今後も要注目の成分です

MSMの摂取目安量とサプリメントの選び方

MSMは、食品における含有量が非常に少ないため、サプリメントで補うのが現実的です。グルコサミンコンドロイチンとの相乗効果も認められているため、MSMをサプリメントで摂取する場合は、グルコサミンやコンドロイチンを混合した商品を選ぶのがおすすめです。

関節の痛み緩和を目的とするMSMの推奨摂取量は、1日あたり500~1,000mg。MSMは今のところ副作用の報告はありませんが、あえて言うなら、下痢や軟便の症状、ごくまれに軽い頭痛を訴える方もいるようです。また、妊娠中や授乳中の安全性は確認されていないため、大事を取り使用は控えるようにしましょう。

このサイトでは、インターネット等の情報をもとに、個人が独自にまとめたものを掲載しています。
関節の症状や対応などについては、必ず医師の診断に基づいて適切な処置を行うようにしてください。
なお掲載商品の内容や販売価格、成分などの詳細は、各サプリメントの公式サイトをご確認ください。

関節痛におすすめサプリメントBEST3

タフ

第1位

タフ
(ゼリアヘルスウェイ)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(味の素)

第2位

グルコサミン&
コンドロイチン
(味の素)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(サントリー)

第3位

グルコサミン&
コンドロイチン
(サントリー)

詳細はこちら

bottom

ページの先頭へ