サイトマップ

ケルセチン

ポリフェノールの一種である「ケルセチン」の働きや効能を分かりやすく解説。関節痛の症状緩和を目的とした摂取量や、服用時の注意点なども紹介しています。

>>関節痛への効果が期待されるサプリメント比較ランキングはこちら<<

ケルセチンの役割とは?

ケルセチンは、たまねぎ、りんご、緑茶、そばなどに多く含まれている成分で、たまねぎの皮には多くのケルセチンが含まれています。フラボノイド・ポリフェノールの一種で、ビタミンPというビタミン様物質のひとつであり、ビタミンCの働きを助けて血管をしなやかにする他、抗酸化作用にも優れる物質として注目を浴びている成分です。ほかにも、抗炎症作用を持つことから、関節の痛みを和らげる効果もあると言われています

ケルセチンのココがすごい!関節に効く理由

ケルセチンは、グルコサミンやコンドロイチンなど、軟骨をつくる成分と一緒に摂取することで効果が高まることが研究結果で明らかになっており、歩く、階段の昇り降りなどの動作時における痛みの緩和といった改善が認められています。

研究では、変形性膝関節症の患者36名にグルコサミンとコンドロイチン含有鮫軟骨抽出物、ケルセチンプラスを3ヶ月摂取させたところ、痛みの主観に有意な改善が見られました。これは、ケルセチンが持つ抗酸化作用が、関節を支える筋肉の衰えを防いだためだと考えられているようです。

さらに、骨の健康維持で有名なカルシウムと同様、ケルセチンにも骨そのものの健康を維持する効果が期待されており、最近の研究では、ケルセチンが骨粗しょう症モデル動物の骨密度の減少を抑制する可能性も注目されています。

ケルセチンの摂取目安量とサプリメントの選び方

ケルセチンの摂取量は、特に目安は設けられていないようです。これは、ケルセチンが水溶性成分であり、必要以上に摂取しても老廃物として体の外へ排出されるため、過剰摂取の心配がないことが理由だと思われます。

通常、1日3食の食事を摂っている日本人のケルセチンの摂取量は、平均25mg/1日程度とみられているようで、欠乏すると関節の炎症やアレルギーが起こる可能性があります。ちなみに、関節症の症状がある人の推奨摂取量は1日あたり400mgです。サプリメントを選ぶ場合は、この数値を目安にすると良いでしょう。

このサイトでは、インターネット等の情報をもとに、個人が独自にまとめたものを掲載しています。
関節の症状や対応などについては、必ず医師の診断に基づいて適切な処置を行うようにしてください。
なお掲載商品の内容や販売価格、成分などの詳細は、各サプリメントの公式サイトをご確認ください。

関節痛におすすめサプリメントBEST3

タフ

第1位

タフ
(ゼリアヘルスウェイ)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(味の素)

第2位

グルコサミン&
コンドロイチン
(味の素)

詳細はこちら

グルコサミン&コンドロイチン(サントリー)

第3位

グルコサミン&
コンドロイチン
(サントリー)

詳細はこちら

bottom

ページの先頭へ